値段の指定の仕方について

株式の値段の指定の仕方によって注文の方法が異なります。成行注文の場合には価格を決めずに注文を出します。買うのか、それとも売るのかだけを指定するのかが成行注文です。指値注文は、「指値」というくらいですから、もちろんですから注文のときに価格を設定することになります。しかし、設定した価格で約定することもあれば、そうではない場合もあります。

 
基本的には設定した価格よりも有利な価格で約定すると考えておきましょう。例えば、売り気配が300円となっている場合に、買い注文として350円を入れれば、350万円までの注文で約定することになります。ですから、設定をした300円よりも有利な価格で約定することになるのです。

 
他にも逆指値がありますが、これは基本的には成行注文と同じです。価格を設定し、そしてその価格になった時に成行注文が発注されることになりますから、原理は同じです。注文を出すときのトリガーが設定できるというのが成行注文との違いです。価格についてですが、買い注文の場合には現在値よりも高い価格を設定することになりますから、この点では指値注文の逆になり、そのために逆指値注文という名前で呼ばれることが多いのです。

ウェディング13

コメントは受け付けていません。