売買に必要な諸経費・税金

株式や債券、更には投資信託に至るまで、売買の際には諸経費と税金から逃れる事はできません。
このうち経費は、証券会社の手間賃であり、証券会社の売上となるものです。
最近は、この経費を少しでも安くするキャンペーンが多くなっており、キャンペーン時期を狙って取引をする人もいるほどです。

ウェディング07

 

この経費のほとんどを占めるのが手数料です。
金融商品を売る際と買う際と両方にかかることが多いのですが、投資信託の場合は買う際に支払うだけです。
一見高いと思われがちな投資信託の手数料ですが、1回ですべて徴収されているのです。

 

 

また、税金からも逃れることはできません。
金融商品の取引の際には、源泉徴収制度が適用されることが多く、自動的に支払っていることになります。
特に最近はやりの特定口座を利用している場合は、この源泉徴収制度が発達しているので、特に希望しなければ確定申告がいらないほどです。

 

 

このように金融商品の取引に当たっては、いろいろな名目でお金が差し引かれて行きます。
差益を目的にして取引をしている人にとっては、これらの諸経費等を差し引いた後の金額が自分の手取収入となります。
計算を誤ったり、差し引かれることを知らないと想定外の状況になってしまいます。

コメントは受け付けていません。